2019/10/16

10/16

朝!

一番乗りで朝ごはん。中庭でいただくよ。

とっても豪華。フルーツがどれも甘くて美味しい。

ビスケットも口の中の水分奪われるけど素朴な味が美味しくて、お土産に良さそう。

今日は西側をのんびりまわろうかな。

テフゴンバザールでプロフを食べられたらいいなあ。

まずはアルク城を目指しててくてく。

地元っぽい道を歩いてたら子供に話しかけられて、ジャンプするから撮って!と。

そのあと私も飛んでって言われたけど、流石にアラサーには厳しいから断ったよ。

この子は弟だよって教えてくれた。

(言葉わかんないけど、たぶんそう笑)

そして、アルク城。

大きい!25000スムだったかな?

中はミュージアムとお土産屋さん。

古いコーランなどなど様々なものが展示してありました。

ここのスザニバッグ、ミニポーチがついて10ドルで、たぶんここが1番安いんじゃないかとおもう。おまけのミニポーチでも、外に出たら3ドルとか言われるのがついてるから。

そのあとはテフゴンバザールへ。

歩いてるとヤポーナ?と聞かれて挨拶してくれるひと多め。

バザールの中は地元民でいっぱい!

お土産のナッツを求めて幾つかのお店を回ったよ。

なんとなくの直感で決めたお店で、たくさん試食させてくれたのでアーモンドと杏の種を購入。

一キロもいらないから、

10,000スム分だけ買わせてもらったよ。

試食でとってもお腹がいっぱいになったのでプロフはあきらめよう

外の日用品売り場で可愛いマッチも購入。

キャンドルに火を灯す用に。

来た道を戻って公園でしばし休憩。

さてまた歩くかーってことで、横断歩道へ向かったら前からラクダが来てびっくり。かわいい。

アルク城を横目にてくてく。

モスクの方へ。

アルク城の近くに銀行があったので2万円を両替。1,500,000スム。ちょっとレート悪い。でも仕方ない。

壁沿いにお土産屋さんがたくさん。

ストール、アクセサリー、スザニ、などなど。

その中からこれらを購入。

旧ソ連時代のバッジと、アクセサリー。

アクセサリー屋さんのおばちゃん、すごく感じが良くていい人感が滲み出てたな。

そしてモスクへ。

こちらも大きいこと。ミナレットもあるよ。

6000スム。

そして、お土産屋さんエリアへ。

スザニのお店で、ハンドメイドはこうやるのよーって見せてもらって、トートがたくさんあったから値段を聞いてみた。

ハンドメイドは25ドルで、ミシンで作ったのは10ドル。

比べて見るとハンドメイドの方が刺繍がきれいに整っていて艶艶してるの。

迷いに迷って、ハンドメイドトートを購入。

タキなんちゃらを通り抜けて、なんちゃらの中のお土産屋さんへ。

そっこーおばちゃんが飛んできてスザニを売りつけてくる。

聞いたら結構やすかったのでこちらも購入。

クッションカバーとポーチ。

そのあとは電池もなくなりそうになったのでホテルに戻り一旦休憩。

バザールのナッツの試食でお腹が空かなかったので、地球の歩き方を読みながらゴロゴロ。

15時ごろ、ちょっと減り始めたので屋上があるドロンというレストランを目指す。

お店の人はあんまり愛想が良くなくて、息子っぽい若い子がオーダーからお会計まで全部世話してくれたよ。

屋上の景色は思ってたのとはちょっとちがったかな。

したからは見えないテレビのアンテナとかも見えちゃって。

でも気持ちよかった。

ビールとプロフ。

プロフも最初はもうないって言われたんだけど、えーじゃあ帰ろうかなってそぶりをしたら、まって!きいてくるから!って言って結局次に現れた時はプロフを手に持ってたよ。

どこから出てきたんだろうこのプロフ。

でも美味しかったからおっけー。

値段は他と比べると高め。

プロフ30,000にビール25,000くらい。

また歩いているとかわいいスザニを見つけた。

まだ買うのって感じだけど、可愛すぎたから購入。

ポーチ。あはは、何個目だろう。

あと、手作りハサミ。

たぶん手作りハサミ。笑

ハサミのお店もたくさんあって、一応ここで作ってるんだよ!ユネスコにもなんちゃらかんちゃらーって言ってたので買うことに。

試させてもらったらよく切れるし、どうせ日本じゃ洋服のタグピン切るくらいだし、十分!

ハサミ持ってなかったから嬉しい。

オスの方がかわいいけど、やっぱ自分は女だしメスにしておいた。

またホテルに戻って、荷物置いて、ミナレットのライトアップを見に行ったよ。

暗くなり始めた街中もこれまたエキゾチックで素敵。

でも、いる人が都会的なんだよなあ。

ミナレットは想像以上に綺麗だった!

たくさん写真をとっちゃった。くらくなるまで座ってぼーっとしてたよ。

これくらいの時間にはお土産屋さんはどこも閉め始めていたよ。

暗いと色もよく見えないしね。

そのあとはラビハウズに戻って軽食とビール。

ラグマン頼んだらないって言われた。

昨日はプロフもないって言われたし、夜はないものなのかな?

仕方ないのでヌードルスープ。

でも期待と違った。おそうめんみたいだった。

味はまあまあ。

ビール飲みながら人や猫をみてぼーっとする良い時間。

レストランが音楽も流してるのでなんだか楽しい。

やっぱりせっかくウズベキスタンにきたらこの小上がりにあがりたいよね。

靴脱げるって、日本人にはわりと嬉しい。

すっかり夜になったけど、まだまだ観光客や地元の学生やファミリーもいる。

安心して宿に帰った。

明日はチョルミナルへ行こう。

時間が余るだろうから、あてもなく歩いてみようかな。

一眼レフを持っていくかが悩みどころだ。