2019/10/15

10/15

体調も良くなった気がする。

目覚めて昨日と違うなってわかる。

あさごはん。

イギリス人の女の子と、ドイツ人、スイス人と一緒。

スイス人北海道に住んでたらしい!

日本語が話せる。すごいのう。

なんとドイツからチャリできて、そのまま東京を目指すんだってさ。凄すぎてすごいしかいえない。

今はカザフスタンのビザまちって言ってた。

タジキスタンだったかな。

普段はホステルじゃなくてテントなんだって。

もう色々すごい。

今日レギスタン行こうかなーとも思ったけど、お喋りしてのんびりお茶してたらいい時間になったので、このままホステルでのんびりとしようと思う。

これも旅の良さ。

食堂が人で溢れてきたので庭のブランコでゆらゆら。

知らない国の言葉の会話と、水の音、車の音が心地よい。

中庭だけ外から遮断された心地よさ。

パッキングしてたら新たにフランス人がチェックインして、なんとこの人も日本語話せたよ。

独学なんだって。英語も話せる上に日本語までなんて、偉いよー。

チャリ兄さんとFacebook交換。

自転車見させてもらったよ。がんばれー!

東京で待ってるねって言ってばいばい。

ホステルの人にタクシー呼んでもらって、さぁ次はブハラだ〜と思いながら車窓を眺めてて、自分の足元がホステルのサンダルだということに気がつく。

慌てて英語の通じない運転手にジェスチャーで伝えてホテルに戻ってもらった。

通じるもんだね。笑

下駄箱にちゃんと私のスニーカーがしまってあったよ。履き替えて、今度こそサマルカンドにバイバイ。

タクシーはスマホがメーターになってて14000スムだった。めっちゃ安いじゃん!黄色いタクシーじゃなかったけど、こっちのが安いしはじめてちゃんとメーター回してもらったわ。

出発まで30分ほどあったのでサマルカンド駅のキオスク的なところでパンと水を購入。9000スム。

ピロシキ風。そこそこ美味しかった。

駅の中に両替所があるけど、営業時間が1213時まで。

電車、12:44発なのに43に発車した。

この1分はでかいぞ!

乗り遅れた人がいないか、関係ないのに心配になる。

車内はウズベクミュージックのPVががんがん流れてるよ。

外の景色は相変わらずこんな感じ。

モロッコでもクロアチアでも感じたけど、私ロバ好きだわ。あのちょっと憂いを帯びた儚げな顔がとってもキュート。ロバいいな。馬より好きになっちゃったな。

何を、どうしてやるかじゃないんだよな。

自分のやりたいことをやるのが大事。そこに意味があろうとなかろうと。

どうしてウズベキスタンを選んだの?って聞かれることが多くて、自分でもなんでかよくわからなかった。

でもみたいなーって思った景色をみる、それだけでいいんだよね。

旅は楽しい。

意味や結果が伴わないといけないっていう考え方にはなりたくない。けれど、何事にも意味はあると旅を終えると思う。

矛盾してるけど、これって全然違う考え方だなあと思う。意味がなくてもいいんだし。

人を馬鹿にしない人になりたい。

人は人、幸せは人それぞれ。

着飾って街に繰り出すのも好きだし、星付きのレストランも好きだし、カジュアルに公園に行くのも好きだし、ピクニックも好きだし、赤提灯も好き。

どれか一個しか選べなくて、◯◯系とかにとらわれたくない。

こんな私と合う人はこの世界にいるのかなあ。

鉄道に乗ってると、こんなことばっかり考えちゃうね!

旅をしてると、時間の感覚が東京にいる時とかわる。

東京にいると1時間の移動がしんどいけど、旅行中だと1時間?近所じゃん!ってなる。

3時間、近いね〜

5時間、そんなもんだね〜

8時間、ちょっとあるね

12時間、気合入れてくぜ

って感じ。

飛行機の12時間が1番しんどいな。

バスはまだ途中の休憩で外の空気吸えるし。

セルタから成都は寒さが1番辛かったな。

懐かしい。

あの頃からなーんにも成長していない気もするけど、年だけは確実に重ねてるんだよね。

いつだって今が1番若いのよね。

ブハラ到着。

タクシーの客引きをかき分け、ホテルのプレートを掲げている人を探す。この安心感たるや。

ホテル手配のタクシーで、8ドル。

チェックインしてホテル代と帰りのタクシー代を払う。

やばい、ドルが足りない。

ヒヴァとタシケントのホテルではスムを使おう。

ていうかスムも足りなくなりそう。なぜならお買い物天国だから

少し休んだらブハラで両替できるところを探そう。

体もiPhoneも充電したらお腹が減ったので、すぐそこのラビハウズのレストランへ。

プロフが食べたかったんだけど今日の分はもう売り切れたとのこと。がーん。

結局チキンのシャシリクとフレンチフライ、ビールを2杯頼んだ。全部で69400スム。やっすーい!

チキンが想像の5倍くらいの大きさでびびった。

味はタンドリーチキンみたいな感じですっごく美味しい。

トマトが丸ごとついてるのと、付け合わせの玉ねぎも美味しくて嬉しい。

だめかもだけど、野良猫ちゃんにあげながら食べたよ。食べ終わった頃に子猫が登ってきて、すって横で寝始めたの。可愛くて持ち帰りたかった

食後、ナディール・ディヴァンビキの中のお土産屋さんを下見。可愛いポーチが90000スム。悩むなあ。

酔っ払ってるのでうっかり買ってしまいそうだったけど、タキも見てから!

ホテルへ戻ってシャワーを浴びて、ウズベクの音楽番組を見ながら就寝。