【2019年10月ウズベキスタン 旅行記】タシケントからサマルカンドへ鉄道移動

【2019年10月ウズベキスタン 旅行記】タシケントからサマルカンドへ鉄道移動

10/12

630起床。

 

 

まずはシャワー。水圧もお湯の温度も問題なし。

シャンプー、石鹸、タオルはついている。

7:00朝食。

 

 

パン、米、あまそうなおかゆ

ハム、チーズ、トマト、きゅうり

りんご、マスカット

あと謎の白い食べ物がいくつかと、クッキー

ウォーターサーバーとインスタントコーヒーもあった。

 

ハムの塩気がちょっと強いけど、クミンみたいな香りがして美味しい。ビールに合いそう。

 

1スムももっていないので、ホテルで両替できるか聞いてみた。

100ドルは無理だけど40ドルくらいならってことで、40ドル分。

40ドルを375,000スムヘ。

 

単位がでかいのは前々から承知していたけど、やっぱり慣れない。札にはカンマがうってないから、ぱっと見どれが100,000スム?ってなる。

 

ホテルのお姉さんは親切。

身支度を終え、チェックアウト。

 

それから駅に行くタクシーをお願いした。

昨日迎えにきてくれたおじちゃんがおくってくれた。

 

値段は20,000スム。なんか多少ぼられた気がするけどポケトーク動かないし、いうて200円くらいだからスッと払ってきた。

 

 

駅はパスポートとチケットを見せて、荷物検査して入る。警察官みたいな人たくさんいる。

チケット見せればどこから乗るかとか全部教えてくれるから迷うこともなかった。

キオスクで水購入。

1.5l3000スム。安い。

 

 

電車は二等だけど座席も指定だし広いし、二等で十分。隣の兄さんがバックパック上げてくれたり、優しい。

定刻通り電車は出発。

 

出発すると係員がチケットを回収する。

思い出に持ち帰りたいところだけどそれはできないようだ。回収される前に写真に収めておこう。

しばらくして、グリーンティーが配られた。

 

 

 

大事なビタミン補給。

 

 

車窓からは畑や家や牛や人。

 

 

 

のどか。

ふと目を覚ましたら家や人はなくなってた。

 

 

当たり前なんだけど、朝食べたトマトも誰かが生きるために一生懸命作ってくれて、私も生きるためにいただいてる。

それってどこの国でもそうなんだけど、なんでか旅行とかに来ないとそのことに気がつかない。

心を込めて使ってもらったから、心を込めていただかないとね。

 

 

3時間ほどでサマルカンド到着。

駅を出るとタクシーとツアーの客引き人がたくさん。

 

 

 

誰かに頼んでホテルまで行かなきゃなんだけど、どの人にしようかなーと悩んでたら、交渉中の日本の方を見つけたので、色々ありホテル経由、グルアミール観光、ランチをご一緒させていただくことに。

同じく女性一人旅。

 

 

ホテルの名前をドライバーに伝えたら、わかるわかるって感じでほんまかいなって思ってたんだけど、ちゃんと連れてってもらえた。

チェックインしてバックパックだけおいて再度タクシーへ。

 

 

まず、グルアミール。

入場と写真で27,000スムだったかな?25だったかも。忘れた。

 

 

 

天気良くて建物も綺麗で、中もびっくりするほどキラキラとして綺麗だったよ。

思ったよりこじんまりとしてた。

 

 

サマルカンドの街ってもっと小さくて、田舎な感じかと思ってたんだけど道路も広いし、制服を着た学生やビジネスマンみたいな人が多くて、なんだか想像と違ったよ。

 

 

続いてランチ!

 

ラビコール?っていう歩き方にも載ってるレストラン。

 

 

2人だからと、プロフ、スープ、ビールをオーダー。

きてびっくり、めっちゃ量が多い!

 

 

 

そしてナンは勝手に出てくる。ナンの密度がすごくて、もちもちっていうよりどっしりって感じ。

2人じゃ食べきることはできなかった。

 

けど、プロフもスープも美味しかった!

 

スープはミネストローネうどん、油マシって感じ。

 

プロフは、うーんなんだろうな。

油マシなのには変わりない。レーズンが酸っぱくてアクセントになるよ。

 

レストランでバイバイして、ホテルに歩いて戻ることに。

ちょうど出て左にカメラ屋さんがあって、さっそくレンズキャップなくしたからダメ元で聞いてみたらあったのー!

しかもストラップ付きだからきっともう無くさない!

 

 

急な出費になったけど、よかったよー!

 

そしてすぐ近くにツーリストSIMのお店もあり、88,0005GBSIMゲット。

 

設定もサクサク〜っと若いお兄ちゃんがやってくれました。

ネットに繋がってるってだけで安心しちゃう、1人になりきれない私。

 

 

そして、途中途中にあるスーパーをどんなもんかいと覗いてみたりして、ホテルに戻った。

 

 

 

部屋は6人部屋だけど、二段ベッドでカーテンあるし、枕元にコンセントと電気あるし快適。

 

 

朝食付き3泊で28ドル。

 

両替しにウズベキスタンホテルへ。

ナヴォイ公園を通り抜けて行った。ナヴォイ公園綺麗。

カップル多め。謎の遊園地あり。

綺麗で静かでいいところ。

 

 

 

 

女性かわいい。スーツ多い。

男の人もスーツ多い。たまにイケメン。

 

 

ウズベキスタンホテルの入ってすぐ右側にエクスチェンジあり。

ついに噂の札束をゲットした。

サマルカンドで土日に両替するならここかな。

 

他にも街中にちょこちょこATMあるので、キャッシングもできる。

 

 

帰りはどこかでご飯食べたいなーと歩いていて見つけたここで、ケバブ的なのを食べた。

 

 

 

うまい。15,000スムなので、約150円。

 

細いのがじゃがいもあげたやつで、白いのがヨーグルトみたいな爽やかクリームで、お肉は多分ラム。

それとトマトときゅうり。

 

めっちゃ美味しかったな。

そして、またてくてくあるいてホテルへ帰還。

 

18:30くらいで、夕焼け。

 

 

 

ドミの同室の人若干息遣いが荒くて心配。体調悪いのかな。

シャワーめんどかったけどお湯なくなるの嫌だから、浴びてきた。

水圧は悲しいほど弱かったけど、おかげさまでお湯はアッチアチでした。

明日はウルグッドに行くために6時には起きてシェアバス乗るぞー