【2019年10月ウズベキスタン旅行記】大韓航空で行く、仁川経由タシケント~入国審査

【2019年10月ウズベキスタン旅行記】大韓航空で行く、仁川経由タシケント~入国審査

10/11

10日の23:30に空港到着。
夜の羽田は連休前とはいえそんなに混んでいなく、保安検査場もさくさく。

搭乗ゲート近くのベンチで寝ながら飛行機を待つ。

1:30登場開始。
今回は往復大韓航空で仁川経由。

2時間のフライトだがしっかりとした機内食がでた。

飲み会の後でおなかが減っていなかったので、ヨーグルトだけ食べて就寝。

定刻通りに仁川へ到着。
トランスファーを目指しテクテク歩く。
深夜のトランスファー保安検査場はガラガラだった。
けど、スタッフは多く親切に案内してくれた。

保安検査を通過したら目の前のエレベーターの先に、トランスファーラウンジがある。

深夜でもトランスファーラウンジのカフェは営業している。

とにかく眠たいので横になって寝られる場所を探す。

NAP ZONEもソファエリアも満席で、もー床で寝ちまうか…としょんぼりしながら2〜3往復していたらタイミングよくNAP ZONEのベッドが空いた。ラッキー。

おかげで4時間くらい眠ることができた。
とはいえ時間はまだ8時過ぎ。

目を覚ますと相変わらずベッドは人で埋まっていて、数時間前の私のようにとぼとぼ歩いている人がいる。

シャワーを浴びもう一眠りしたいが、これは席を外したら寝場所はなくなるな…
と、考えながらまた寝てしまっていた。
起きたら11時。さすがにベッドも空きがあるようなのでお風呂に行ってきた。

シャワールームは無人で、タオルを取って空いている部屋に入る。
トイレと洗面台もある。
シャンプーとボディソープは備え付け。ドライヤーもあった。

水圧も問題ないし、さっぱりして温まることができて最高。シャワーから出たら何やら生演奏とダンスをしていた。

綺麗で快適で、仁川経由いいじゃん。

そのあとは空港内を少し散策した、コリアンレストランでランチ。
ユッケビビンパとビール。美味しかった。

再度トランスファーラウンジにもどり、ベッドが空いていたので仮眠。寝てばっかりだ。

ようやく飛行機に搭乗。
チェックイン時は席ガラガラぽいと思ったけど、乗り込んでみたらほぼ満席。

なんと、機内エンターテインメントにドンキホーテを殺した男があった!大韓航空様!!ありがとう!
映画館でももちろん見るけど、ここでもみちゃおう。

でもとりあえずアラジン。
超マラケシュみたい。

機内食。

テリヤキチキン。美味しかった。

ドンキホーテを殺した男、感想言い難いけどまあまあ好き。アダムの力。

3本目は名探偵ピカチュウ。
きゃわわ面白かった。期待上回った。

ピカチュウ見ている間に軽食。
おにぎり・ピザパン・チョコパイのいずれか。
おにぎりにしたよ。

海苔が韓国海苔なこと以外は日本のおにぎりと変わらない、美味しかった。ツナマヨ。

知らない街の光が窓から見えてきた。
夜だから道路や車、家庭の光しか見えない。

どんな空気の街なんだろうかと機内からどきどきわくわくする。

 

入国はパスポートを見せるだけで、何も聞かれなかった。

一言も交わさずにあっけなく入国。

そのあと荷物が出でくるまでが長く、3〜40分まった。
荷物をとって外に出たら迎えの人たちがたくさんいた。
自分の名前とホテルを探す。
幸いちょうど目の前にいて、すぐに車に乗ることができた。

 

車で5分くらい?
空港から近いホテル。
部屋は一人には十分すぎる広さだった。