【2018年東チベット旅行記】成田空港から成都・省体育館へ

【2018年東チベット旅行記】成田空港から成都・省体育館へ

いつものように成田空港までは東京駅から京成バスで。

連休前ということで14時のバスは満席でした。

 

1時間弱で成田空港へ到着。成田空港について、とりあえず500元だけ換金。

手数料込みで約9100円だから、手数料1000円くらいかかってる計算。高い。

 

残りは成都空港か成都市内でキャッシングしようと思う。

 

往路はANAで。まだ日本なのに、搭乗口で待っていると周りは中国人ばっかり!

中国へ行く実感が湧いてくる。

成都空港に着くのは22:20の予定。そこからはバスに乗って省体育館。

無事いけるか今からドキドキ。飛行機は15分ほど遅れて出発。

機内食はうなぎかカレー。

 

悩んだけど、やっぱりうなぎ!

 

 

ぜんぶ美味しかった。

パンとすなっくは食べきらなかったので、おやつに

お隣の親子がすごくココナッツの香りがして酔いそう。マスクもってくれば良かったよ。

機内は寝たり映画見たり。

予定より50分早く、21:30に着陸。ただ機内でしばらく停止していて結局降りたの22:10ごろでした。

 

入国手続きは日本語の機械で指紋認証して、何日間?成都だけ?1人?と聞かれてすんなりと。

受託荷物はないので素通りして出国ゲートをくぐって出国。

 

 

 

当たり前だけど、中国語ばっかりだ!!

早速換金。02出口の近くに中国工商銀行のATMがあり、日本語で操作できました。

とりあえずこの先おろせるかわからないので3000元。

日本でおろしてきたのと合わせて3500元。おろしすぎたかも笑

 

お金が用意できた後はバス探し。

今日の宿が省体育館にあるので、ちょうど1号線のバスで一本。

 

ANAのHPに書いてあったやつ。

02出口を出ると、バスのマークで1号線と書いてあるのでそこでチケットを買ってバスを待ちます。バス探すまでもなかった。

 

 

 

チケットは10元。
100渡すと、大っきいのしかないのねって言われた。着いたばかりなの、ゆるして。

お釣りは機械を通してでてくるので安心。

 

成都の気温は東京とあまり変わらないかな。雨で少し湿気がある。

 

 

おばちゃんに中国語で話しかけられ、よくわかんなかったけどたぶんタクシーの営業。

 

バスは20分間隔とのことなんだけど、こないなあ。

 

23:00バスきた〜!国内線ターミナルからきてるせいもあってか、席はこんな時間でも満席。

日本のバスとさほど大差ない、普通のバス。

 

省体育館は2個目とのこと。

どれくらいかかるかはよくわからない。早くシャワー浴びて明日に備えたい。

 

バスは高速を走って市内まで。街は都会。ホテルがたくさんあって、ホテルのネオンがギラギラしてて、雨でぼやけて綺麗。

横にはお母さんと息子(3歳くらいかな)が座ってて、お母さんが子守唄を歌ってて、わたしまで寝ちゃいそう。

 

2つ目で止まったので降りようとしたら怒られ、次で降りることに。涙

でもまあ、降りたとこにコンビニあってお水買えたからよしとする…

 

ここまでで、空港からバスで30分かからないくらい。

仕方ないので歩いてホテルまで。15分くらいでホテルに到着。

 

ホテルは地図のこっち側が入り口。

夜は暗くて雀荘くらいしか開いていないのでちょっと怖かったけど、無事着いたー!

 

1人だけど、今回はツインで、宿泊代 179元、鍵デポジット 100元でした。

100元はチェックアウトの時に返ってくるよ。

 

ホテルはおしゃれで、部屋の中も超綺麗!

 

水周りも綺麗だし、ドライヤーもあるし、タオルもあるし、この旅で1番いいホテルかもな…

 

明日は頑張って8時ごろ起きて、パンダ基地へ行きたい。

 

今日使ったお金
バス 10元
水 2元
ホテル 179元(デポジット100元)